ART STANDARD.

サポート

フリーペーパーラック「ボク、モク。」
2005年度に制作したフリーペーパーラック「ボク、モク。」は、フリーペーパーやフライヤーの設置場所として、 泉や仙台で活動する市民団体や学生団体の活動をサポートしています。 このラックに置いたフリーペーパー等をきっかけに、市民同士のつながりが広がることを目的としています。
2010年にラックを一新し、二代目となる「ボク、モク。」が誕生しました。
製作:平田杏子、藤原麻奈美(初代)
   秋山潤平、坂口貴彦(二代目)


リルバ
2006年7月「ボク、モク。」に小鳥と巣箱が登場。フリーペーパー設置の申し込み用紙投函箱で あるこの巣箱は、森を意味する「SELVA」に佇む「ボク、モク。」に小鳥が飛んできたことをイ メージし、「リルバ(little bird)」と名づけました。
製作:宍戸潤平、佐々木享




もやいがさ
「捨てられる運命にあったビニール傘が、デザインを学ぶ学生の手で新たな命を吹き込まれる。」 そんな企画を、宮城大学 ART STANDARD.が考えました。 突然のにわか雨に降られたとき、誰でも無料で傘を借りることが出来る「もやいがさ」が始まります。 「もやう」には、『共有する・持ち合う』といった意味があるんです。 ゴミが減るだけではなく、不要なビニール傘を買わなくて済むからお財布にもやさしい。学生の活躍の場を提供することになり、 企業は社会貢献に協力できる。参加した学生は、街行く「もやいがさ」を見るたび嬉しくなる…。 みんなが「ちょっと嬉しい気分」になれる、そんなプロジェクトを目指します。
忘れ物として回収されたり、捨てられてしまったビニール傘。そのうち、保管期限の切れたものを私達が譲り受け、リメイクしたものが「もやいがさ」に生まれ変わります。 「もやいがさ」は協力を頂いた泉周王のファッションビル「SELVA」に設置されます。急な雨が降ってきたとき、 誰もが「もやいがさ」を無料で利用することが出来ます。使ったあと、SELVA 2Fインフォメーションカウンターに返却すると 「セルバECOポイント」1ポイントが貰えます(セルバカード会員様限定)

※セルバECOポイント…ECOポイントは翌日にセルバカードポイントとして1ポイント加算。